カロッツェリアのカーナビ AVIC-ZH900 ( 2009年製 )に富士通のスマホ( arrows M03 )を Bluetooth で接続して通信出来たのでメモ。

ちなみに回線は格安 SIM の IIJmio みおふぉん を使用してます。

カロッツェリアの 楽ナビ にはスマートループという渋滞情報と、録音した CD のタイトルを Gracenote 音楽認識サービス( CDDB )をデータ通信で取得出来る機能があります。

しかし、古いカーナビではデータ通信としてガラケーしか考慮されておらず、スマホでの通信は考慮されていません。(最近のナビはスマホで通信出来るぽいよ!)
技術的な事を言うと Bluetooth をモデムとして使用する DUN プロトコルで通信するのですが、スマホが外付けモデムとして使用できるよう考慮されていない事が原因です。

で、Bluetooth DUN をアプリで実現するのが、今回登場の CobaltBlue3 です。
アプリ内課金の有料アプリ(771円)ですが、無料で使うときには以下の制約があります。

  • 2日間しか使えない
  • 最大接続時間が10分
  • 連続接続回数2回
  • 自動起動が設定できない

まあ、無料で動作確認出来たら、有料版買ってねって感じですね。

他にも有名ドコロとして無料の FoxFi (WiFi Tether w/o Root)PdaNet+ ってのがあるんですが、両方共不安定なので常用する気にはなりませんでした。

CobaltBlue3 の使い方は簡単で、Bluetooth をオンにして、CobaltBlue3 のスイッチもオンにするだけ。
注意点としては CobaltBlue3 をオンにしたままナビとペアリングを行うという事。
ペアリングが済んでいるなら一旦ペアリングを解除して再登録しましょう。
CobaltBlue3
ちなみにナビ側の設定は以下のようにしています。
格安SIM なのでユーザーID とパスワードを IIJmio のものにしています。
他の格安SIM を使用している方はご自分の回線業者のユーザーID とパスワードを設定してください。

項目設定値備考
名前IIJmio任意の名前でオッケー
電話番号*99***5#
ユーザIDmio@iij回線業者から指定された
APN 用ユーザーID を入れてください。
パスワードiij回線業者から指定された
APN 用パスワードを入れてください。
DNS8.8.8.8空でもいいかも。
Google の DNS 入れてます。
Proxy使用しない

買ってからほとんど使われていなかったスマートループ、やっと日の目を見ました。
無料版では接続切れてしまいますが、有料版なら連続でデータ取得も可能です。

渋滞情報が増えたからと言って、渋滞に突っ込むような生活は送っていませんが、ちゃんと情報取得出来るとやっぱり嬉しい。

もちろん、音楽 CD のタイトルもちゃんと取得出来るようになっております。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)