格安SIM と言われる MNVO ( 自分は IIJmio のみおふぉん )にしてから随分経ちました。周りの節約志向の人たちもチラホラ MNP してきています。

ここで、MVNO にちょっと興味があるような人たち向けにメモを書いてみました。

MVNO とは

簡単に言うと、docomo ( または au 等 )のキャリアの回線を借りて、個別にサービスを提供している事業者です。docomo 系だけでのかなりの数の業者があります。
ただ、電波はキャリアのものを使用するので、通話等のエリアはキャリアと同様になります。

MVNO は安い

MVNO 最大のメリットは「毎月の回線使用料が安い」という事です。私の場合、通話可能な SIM 契約+データ通信 3GB で、月額1,600円です。これに数百円の通話代が乗って約2,000円前後になっています。

普通にキャリア契約をすると端末代抜きで 7~8,000円払っていると思うので、約1/4の料金になります。

また、契約も2年縛りのようなものは無いケースがほとんどです。通話可能な SIM の場合、初めの1年程度に縛りがあるケースが多いですが、それ以降に違約金は発生しません。

MVNO のデメリット(メール)

MVNO では制限事項がいくつかあります。代表的なのが @docomo.ne.jp 等の「キャリアメールが使えない」事です。スマホでは Gmail などのパソコンメール受信ができるのでそちらで代用しましょう。

注意する点としては、相手がパソコンメールを拒否している場合、許可してもらわないとメールのやり取りが出来ません。LINE 等で代用するという手もあります。

MVNO のデメリット(LINEの年齢認証)

MVNO では「LINE の年齢認証が行えません」このため、ID や電話番号による友達検索が行えません。まあ、実際に会える友達だと QR コードで友達になれるので影響ないですが。

MVNO のデメリット(通信品質)

デメリットとして体感できるところは「昼休みや夕方などのピーク時の速度が遅い」という事でしょうか。契約する MVNO にもよりますが、キャリアよりも混んでいるイメージです。

MVNO のデメリット(端末保証)

MVNO では回線契約と端末購入が基本的に別になっています。その為、端末保証はありません。自分は保証は付けない派なので困ったことはありませんが、気にされる方が結構いるようなので書いておきました。

しかし最近はユーザーからのニーズが多くなってきたのか、MVNO によっては端末保証が付けられる端末を(数機種ですが)取り扱っています。

ただ、端末が故障した場合、メーカーは代替品を出してくれないので、自分でなんとかする必要があります。(自分は古い機種を1つ残しています。)

通話しまくるんだけど

はい、貴方は MVNO 向きではありません(笑)電話の完全なかけ放題サービスは MVNO では提供がありません。LINE 通話や Skype 等の無料通話アプリで乗り切れるのでしたら MVNO にしても困らないと思います。

もしくは通話料が2~4,000円程度で収まるのでしたら、「通話料込みでもキャリアより安い」という割り切りをするのも一つの手です。

一部の MVNO では「3分以内の通話なら月600円で無料」というサービスをやっているところもあります。

端末はどこで購入するの

基本的に SIM フリーと言われる端末を使用します。最近は家電量販店でも取扱があります。一部制限がありますが、キャリア端末をそのまま使用する事もできます。最大のネックはキャリアであった「端末割引サービスが無い」という事でしょうか。

参考までに Android の SIM フリー端末のボリューム価格帯は 2万~4万程度です。iPhone 7 は 128GB で8万3800円します。セレブのアイテムです。

ただ、端末は MVNO が指定した機種を購入して24回払いに出来るところもあります。これは割引が無い分割払いですが、通信料と端末料を足してもキャリアよりは大幅に安くなります。
(例:1,600円の通信プラン+2,000円(48,000円の24回払い)で月3,600円)

契約はどこでやるの

契約はオンラインが主流ですが、一部店舗でも契約可能です、自分が使用している IIJmio ではイオンやビックカメラで店頭契約が可能です。

何GB で契約すればいいの

こればっかりは人によるんですが、だいたい自宅に Wi-Fi があり、外で Youtube 等の動画を見ない人は 3GB、自宅に W-Fi が無い人は 5GBの契約があればゆとりがあるような気がします。

2年縛りがあって違約金払いたくないんだけど

気持ちもわかりますが端末代金が払い終わっているなら、月5,000円以上安くなるので違約金は2ヶ月でペイ出来ます。
半年後に更新月がある場合、ぶっちゃけ違約金払った方が安いです。

よく聞かれるのはこんなところでしょうか。またなにか気が付いたら追記するかもしれません。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)