ぎっくり腰になってしまって GW はほどんど家にいたので、100均グッズで家のテレビ裏ケーブル配線を綺麗にしてみました。

ポイントは床にケーブルを置かないこと。床にケーブルがあるとホコリが溜まって、トラッキング現象で火事になったりもしますからね。

主に使った品は「結束バンド」、「コードフック(シールタイプ)」、「ビニールタイ」、「両面テープ」、「ワイヤーネット」ですかね。では早速 匠の技 DIY の成果を見てみましょう。

リビングテレビ裏

ここだけ seria で買ったワイヤーネット使ってます。(茶色いやつ)
ワイヤーネットはフックで付ける人が多いようですが、私は容赦なく木ネジで留めています。ビバ!電動工具!
この場所は機器が多いのでワイヤーネットに結束バンドでばしばしケーブルをくくりつけています。

リビングテレビ横

リビングテレビの横はこんな感じ。コンセントタップと AC アダプターは両面テープで固定してしまっています。
ここは隣のチェストで隠れるので、見栄えが悪くてもキニシナイ!

部屋のテレビ裏

自室のテレビ裏です。ワイヤーネットをここにもつけようかと思ったけど、あまり線が多くないのでこんな感じです。右のアンテナ線だけ木ネジで固定してます。

部屋のテレビ裏(コンセント部分)

ここも隠れてしまうやつなので適当配線。コンセントタップを両面テープで止めて、テレビに向かう複数の線をビニールタイでまとめてます。

ワイヤーラックの横

ここのコンセントは元々壁に付けやすいタイプだったので、結束バンドでワイヤーラックに固定しました。

ベッドの横

スマホの睡眠解析アプリを使ってるので、寝ている間枕元にスマホを置く必要があるのでこんな感じに。
結束バンドが短い場合は結束バンド同士をくっつけてしまいましょう。
本当はコンセントケーブルはまとめないほうがいいのですが、ゆるめにまいてフックに引っ掛けてます。

さて、こんな感じになりましたがいかがでしょうか。
家にあった材料もあるのですが、1,000円かかってないんじゃないかなぁ。
テレビ裏を綺麗にやると結構時間かかりますが、それ以外はささっとって感じですかね。

これで掃除が楽になるかな~♪

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)